ニュースな奴

ブログやるならJUGEM

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 水道管に吸い込まれたって・・。 | TOP | 東京マラソンで4600万円 >>

2009.04.16 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.11.04 Tuesday

日本シリーズ 巨人が2勝目

 まだまだ、楽しめそうです

1勝1敗で迎えたプロ野球日本シリーズは4日、西武ドームで西武−巨人の第3戦(7回戦)が行われ、6−4で巨人が逃げ切り対戦成績を2勝1敗とした。・ 【写真で見る】巨人快勝! 日本シリーズ第3戦  入れ! 打球の行方を目で追い、祈りながら一塁へ走った。 二回二死一、三塁の好機。巨人・鈴木尚が西武先発・石井一の122キロのスライダーを左翼席に運んだ。貴重な追加点となる3ラン。4−0だ。原監督はベンチで目をまん丸に見開いた。驚きの一発。快足核弾頭はゆっくりとダイヤモンドを回った。 「外から入ってくるスライダー。よくファウルにならず(スタンドに)入ってくれました。原監督に感謝ですね」 自身初のシリーズ本塁打。試合前の練習で、原監督から「もう少し(軸足の)右足にタメをつくって打て」とアドバイスされた。ボールにうまく力が伝わり、想像以上に打球が飛んだ。 先制点も鈴木尚がもたらした。一回、石井一の初球を右翼線二塁打。木村拓の遊ゴロの間に三塁を陥れると、続く小笠原の打席で暴投の間に生還した。わずか3球で得点。武器である“足”も生かし、ベテラン左腕のリズムを崩した。 2日の第2戦で死球を受け、左手を打撲した小笠原も「3番・三塁」で強行出場。痛みが残り、前日3日はフリー打撃もできない状態だったが、気合で乗り越えた。 六回にはラミレスが左翼席に2試合連続の本塁打を放ち、5−0とリードを広げた。気温13度と底冷えのする西武ドームだが、G党は回を追うごとにヒートアップする。 1点差に迫られた八回には小笠原だ。左手の痛みに耐えながらこん身のフルスイング。弾丸ライナーで右翼席に運んだ。これで6−4。核弾頭に主砲2人。強力打線がかみ合ってきた。【関連記事】・ 日本シリーズ第3戦 西武−巨人 試合結果へ 巨人・グライシンガー、原監督らと密談 ガッツだぜ!G・小笠原が第3戦に強行出場 内角攻め!西武・渡辺監督、戦闘モード継続 西武、打線不振脱出へ恒例のアーリーワーク

日本シリーズ 巨人が2勝目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081104-00000521-sanspo-base


今日のラッキーキーワードは、「キャットストリート」です。

2009.04.16 Thursday

スポンサーサイト


23:54 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yatuyatu.jugem.jp/trackback/27

トラックバック

日本シリーズ第2戦、見てきました。
長男属する少年野球チームのマメ球児は、ほとんどGファン。そんな環境の下で野球をし
(Mスポ 2008/11/05 5:27 AM)

▲top